SURIN

SILK

絹織物が出来上がるまでの過程

カンボジアと国境を有するスリン県で制作されるシルクはなんといってもカンボジアの伝統製法を受け継ぎ、更にタイの文化も融合する唯一無二のシルクであること。

古来からカンボジアではシルク生産が盛んで長年インドシナを支配したアンコール王朝への献上品として製法や技術、色柄などが発展してきた。

しかし1970年~1993年のカンボジア内戦での大虐殺によりシルク生産技術の継承がほぼ途絶えてしまった。

カンボジアとスリンの間に現在の国境が引かれるまで、スリンは北カンボジアの同じ土地であったため幸いにもタイ側に住んでいた人々は虐殺をまぬがれ、カンボジアのシルク生産技術を継承する希少な場所になった。

スリンで主にみられるのは黄色の熱帯種の蚕。

現在絹糸をとるために養蚕されている蚕は一般的に品質向上や扱いやすさなど時代のニーズに合わせ品種改良された白い蚕が殆どで、近年になり在来種である黄色い蚕の作り出す黄金の糸、天然の風合い、伝統文化の伝承などが注目を集めている。

蚕は口から糸と同時にセシリンという物質を吐き出し、このセシリンにより繭が固められしっかりとした丸い繭玉が作られていく。

煮繭(しゃけん)

繭から生糸を取り出すにはまず鍋で繭を煮ることで、繭を固めているセシリンを溶かす必要がある。

煮ることで柔らかくほぐれた繭からは細い生糸がフワフワと舞い上がり、その糸口をまとめて鍋上部の巻き取りきで巻き取っていく。

管巻き

紡いだ糸を管に巻く作業。

綛揚げ(かせあげ)

管巻きされた生糸を更に6角形の綛にまき直し、この後染色の工程に入ります。

このままでも黄色の絹糸は黄金に輝いて美しいです。

植物や動物、鉱物などからとれる天然染料の種類はとにかく沢山あり、昔から織物の生産が盛んに行われてきたタイでは身近な存在。

同じ木からとれる色でも、葉や樹皮など部位によっても別な色が出来る。

植物などから色を取り出す作業。

下はかまどになっている。

様々な植物から色を取り出し、すぐに使える様に大きな樽に移し替えストックしている。

織り上げる柄に合わせて様々な太さや間隔で生糸をビニール紐でくくり染まらない部分を作る。

一般的には緯絣(よこがすり)で織り上げられるため、柄に染め上げられた糸は緯糸(よこいと)として使われる。

天然染料の液に浸し染色していく。

様々な色で模様を染め上げていくため、再び別の色の部分をビニール紐で縛り染める。

必要な色数と濃度が出るまで何度も同じ工程を繰り返す。

複数の色で染められた絹糸。

目的の色が出るまで、染色・水洗い・乾燥などを繰り返す。

基本的に絹糸の状態で染色することが多いが、種類によっては織り上がった後に染色したり、染色された糸で織り上げた後に更に染色をする。

単色に染められた絹糸。

​目的の色柄に染められた絹糸は乾燥させた後ビニール紐を外し、糸をほぐした後にしっかり伸ばし綛やシャトル用の管に巻き付ける。

綜絖糸(そうこういと)の取り付け

経糸を通す糸綜絖を作る作業。

綜絖(そうこう)通し

白い糸が沢山並んでいるのが上の写真で作った綜絖(そうこう)と呼ばれる糸。

機織り機の足で操作する部分にあたり、綜絖の真ん中に1本ずつ経糸を通していく。

緯糸として使われる染色後の絹糸。

織機の上に置いてある小さく巻かれた緯糸をシャトルにセットして経糸の間を左右にくぐらせ模様を作り上げていく。

やっと機織りの工程に入る。

布を織る前の工程を知ることで、伝統技法で制作される絹織物の素晴らしさや複雑さ、そしてこの地域の文化も同時に感じることが出来る。

多くの過程を経てやっと完成。

สุรินทร์, スリン,歴史,文化,観光,地図,祭り,行き方,象,イサーン, 象使い,象の村,タークラーン,象祭り,シルク,ターサワーン, カンボジア,アンコール,クメール,グーイ族,クイ族,スリンパクディ,遺跡,養蚕,ラオス,民族,伝統,銀細工,伝統工芸,シルクヴィレッジ,プラサート,シーコーラプーム,パノムルン,スリン,地方,タイ,マニアック,シルバー,煮繭,綛揚げ,緯絣糸,綜絖,OTOPกลุ่มผ้าไหม,,ศีขรภูมิ,เครื่องเงิน,ประเพณี,วัฒนธรรม,ประวัติศาสตร์ ,เทศกาล, ที่เที่ยว,เขวาสินรินทร์

Ban Tha Sawang Silk Village

สุรินทร์, スリン,歴史,文化,観光,地図,祭り,行き方,象,イサーン, 象使い,象の村,タークラーン,象祭り,シルク,ターサワーン, カンボジア,アンコール,クメール,グーイ族,クイ族,スリンパクディ,遺跡,養蚕,ラオス,民族,伝統,銀細工,伝統工芸,シルクヴィレッジ,プラサート,シーコーラプーム,パノムルン,スリン,地方,タイ,マニアック,シルバー,煮繭,綛揚げ,緯絣糸,綜絖,OTOPกลุ่มผ้าไหม,,ศีขรภูมิ,เครื่องเงิน,ประเพณี,วัฒนธรรม,ประวัติศาสตร์ ,เทศกาล, ที่เที่ยว,เขวาสินรินทร์

Ban Sai Silk Village

สุรินทร์, スリン,歴史,文化,観光,地図,祭り,行き方,象,イサーン, 象使い,象の村,タークラーン,象祭り,シルク,ターサワーン, カンボジア,アンコール,クメール,グーイ族,クイ族,スリンパクディ,遺跡,養蚕,ラオス,民族,伝統,銀細工,伝統工芸,シルクヴィレッジ,プラサート,シーコーラプーム,パノムルン,スリン,地方,タイ,マニアック,シルバー,煮繭,綛揚げ,緯絣糸,綜絖,OTOPกลุ่มผ้าไหม,,ศีขรภูมิ,เครื่องเงิน,ประเพณี,วัฒนธรรม,ประวัติศาสตร์ ,เทศกาล, ที่เที่ยว,เขวาสินรินทร์

Ban Sawai Silk Village

สุรินทร์, スリン,歴史,文化,観光,地図,祭り,行き方,象,イサーン, 象使い,象の村,タークラーン,象祭り,シルク,ターサワーン, カンボジア,アンコール,クメール,グーイ族,クイ族,スリンパクディ,遺跡,養蚕,ラオス,民族,伝統,銀細工,伝統工芸,シルクヴィレッジ,プラサート,シーコーラプーム,パノムルン,スリン,地方,タイ,マニアック,シルバー,煮繭,綛揚げ,緯絣糸,綜絖,OTOPกลุ่มผ้าไหม,,ศีขรภูมิ,เครื่องเงิน,ประเพณี,วัฒนธรรม,ประวัติศาสตร์ ,เทศกาล, ที่เที่ยว,เขวาสินรินทร์

Ban Phan Si Silk Village

สุรินทร์, スリン,歴史,文化,観光,地図,祭り,行き方,象,イサーン, 象使い,象の村,タークラーン,象祭り,シルク,ターサワーン, カンボジア,アンコール,クメール,グーイ族,クイ族,スリンパクディ,遺跡,養蚕,ラオス,民族,伝統,銀細工,伝統工芸,シルクヴィレッジ,プラサート,シーコーラプーム,パノムルン,スリン,地方,タイ,マニアック,シルバー,เครื่องเงิน,ประเพณี,วัฒนธรรม,ประวัติศาสตร์ ,เทศกาล, ที่เที่ยว,เขวาสินรินทร์

Khwao Sinnarin Silver Village

About Me

​私が運営しております。

 

Read More

 

© 2018 thailand77  リンク・無断使用可です。特にご連絡していただく必要はありません。