サンクラブリー

สังขละบุรี

1895年にワンカ郡として指定されたのがサングラブリー郡の始まり。

ガーンチャナブリー県にありつつもミャンマーまで続く大きな県の最西端に位置し、ミャンマーと国境を有する町。

住民もミャンマー系モーン族が多く住み、タイとは違った文化が根付く。

大きく広がるカオレームダムの下には元々この町に暮らすモーン族の暮らす村が沈んでおり、タイ最長の木造橋であるモーンブリッジのそばにあるモーン族の村は、そのダムに沈んだ村に住んでいた人たちの集落である。

近年、多くの観光客を集めるモーンブリッジはこのダム建設により町の中心地へのアクセスが不便になった村のために建1987年に建設されたもの。

ACCESS

ガーンチャナブリーバスターミナルからロットゥで約4時間。

TRANSPORTATION TIPS

ガーンチャナブリーバスターミナル
サンクラブリー行きロットゥはターミナル外側の建物。
ガーンチャナブリー~サンクラブリー間
国境に近いため、途中パスポートチェックがあることも
バス停
市内中心部北西にあるロットゥチケット売り場
向かいの市場前にはバイタクも待機
サンクラブリ中心部
バス停の前は市場
市内と橋の間
サンクラブリー市内とモーンブリッジまでの間は何もない。
夜は暗くなったら真っ暗。
モーンブリッジに行く道
橋東側から橋に降りていく坂道。このすぐ先には橋が続いている。
サパーンソーンガリア橋
モーンブリッジの西側にある橋。
もっと見る

SANGKHLABURI MAP

About Me

​私が運営しております。

 

Read More

 

© 2018 thailand77  リンク・無断使用可です。特にご連絡していただく必要はありません。