ポーンラーンとプレーワーシルクフェア

งานมหกรรมโปงลาง แพรวา กาฬสินธุ์ 

ポーンラーンとプレーワーシルクフェアは毎年2月頃に開催されるガーラーシンの大きなイベントのひとつ。

10日間という長い開催期間中、市内中心部の道路を閉鎖し四方八方が屋台街へと姿を変え、県庁前駐車場は移動遊園地がオープンする。

ステージも3か所ほど設置され、伝統芸能や人気アーティスト、学生の催し物など期間中様々なイベントが開催される。

10日間の間にプレーワーシルクやポーンラーンのコンテストも開催される。

プレーワーシルクのコンテスト受賞作品は県庁前にある記念ホールに展示され、ポーンラーンは夜に開催されるステージでその音色を聞くことが出来る。

メインとなる会場は県庁北側の駐車場で、伝統芸能が見られるメインステージがあるほか、OTOPの店などが集まっている。

県庁周辺に開かれた屋台街は昼間は出入り自由で屋台も昼間でもオープンしているが、18時くらいから入り口にゲートが出来て有料になる。

​しかし、昼間は暑くてあまり人はいないし、ステージもほぼ夕方から。

プレーワーシルクとは方北部北東側に多く住むプータイ族伝統の絹織物でシルクの女王と呼ばれる王室支援を受けているガーラシンの伝統工芸品。

特徴は幾何学的な模様で、柄が大きくビッシリ入った生地は数か月かけて織りあげる。

ガーラシン北部のバーンポーン村ตำบล โพน อำเภอ คำม่วงにはプータイ族の工房

が集まっており見学することが出来る。

ポーンラーンとはガーラシンの伝統楽器のひとつで木琴の様な形をしている。

音もいわゆる木琴の音で、12の鍵盤を同じ木で出来たバチで叩き音を出す。

イサーンの音楽に欠かすことのできない楽器のひとつで軽快なリズムを作り出す。

About Me

​私が運営しております。

 

Read More

 

  • White Facebook Icon

© 2018 thailand77  リンク・無断使用可です。特にご連絡していただく必要はありません。