​ブンガーンの絶景

プートーク/ภูทอก

プートークはブンガーン市内中心部から南東に約46㎞にある高さ約460mほどの岩山で、岩山自体が寺院施設になっている。車で約40~50分ほど。

​ホテルで車を手配してもらい1500バーツ。市内から車で片道約40-50分ほど。岩山に上り下りする時間は1時間ほどで十分なので、往復の移動時間も含めて4時間見ておけば余裕な感じ。

​プートークはプートークヤイとプートークノーイの二つの岩山があるが、寺院があり岩山に登れるのはプートークノーイの方。 

プートークノーイを上から見た図。

全部で7つの階層からなっており、1合目に駐車場がありそこから徒歩で登っていく。 

下から見上げるプートークもカッコいい。 

3合目にある分かれ道。左側は5階層目の寺院施設に早くたどり着けるコース。道も比較的歩きやすく、大きな岩を潜り抜けたり岩の間を進んでいくイメージ。右側は反りだした岩場に設置された細い木造橋を進むコース。超絶景だが超怖い。高所恐怖症や体力に自信がない人は左の道を進むのが無難。

 

岩場を潜り抜ける左側の道。 

岩に張り付いた橋を進む右側の道。

まだまだ余裕なあたり。 

まだまだ上がある。 

余裕が恐怖に変わるあたり。

​頼りなく見える古い木造橋の足元を見ると隙間から下が見えて超怖い。 

誰もいなくてますます不安。 

プートークの寺院ワット・ジェーティヤーキリーウィハーン(別名ワット・プートーク)はวัดเจติยาคิรีวิหารジュワン・グンチェットー高僧พระอาจารย์จวน กุลเชฎโฐにより1940年に建てられた寺院で1969年から5年ほどかけて寺院施設のある5階層目まで木造橋が設置された。

​プートークにはいくつかのジュワン高僧の像が置かれている。

7階層目の岩山の頂上からプートークの入り口側を見た様子。

​柵もなにもないので足元注意。 

周囲に何もなく、突然現れる岩山は絶好の瞑想ポイントだった様子。

​岩山には大小の洞窟があり仙人の像が置かれていたりしている。 

5合目の礼拝堂の様子。 

かっこいいな~。 

เจดีย์พิพิธภัณฑ์พระอาจารย์จวน กุลเชฏโฐ

​寺院敷地内にあるジュワン・グンチェットー高僧の博物館。

プーシン/ภูสิงห์

プーシンはブンガーン市内中心部から南東に約30㎞にあるシーウィライ郡とブンガーン市の間に連なる大きな岩山で、山脈の北端にプーシン、南端にプートークという位置関係にある。

​プーシンのインフォメーションセンターからは9つの見どころを周るツアーが随時出発している。

 

険しい岩山のプーシンは普通の車で入っていくことは不可能で、インフォメーションセンターで四駆1台500バーツで貸し切れる。乗り合いのため、人数が集まるほど安くなる様子。

四駆でまわるツアーはプーシンの見どころ全9か所を全てまわって3時間くらいかかる。

​時間がない場合は完全貸し切りで見たいスポットのみを時短でも回ってくれるそう。

​入り口にちょっとした売店あり。 

プーシンのハイライトであるヒンサームワーンหินสามวาฬ。意味は3頭のクジラ。

上空から見ると大きな長い岩が3つ、クジラが3頭並んで泳いでいるような姿に見えることからそう呼ばれるようになった。

​3つの岩同士は意外と近く、別な岩からガイドさんがカメラ撮影してくれるととても壮大な写真が撮れる。

​写真を撮るために隣の岩に移動したガイドさん。

​ガイドさんからみた撮られるほう。

岩山には柵がないのでそれだけでもドキドキ。

​眼下にはゴムの木畑が果てしなく続いている。

岩の付け根の方。

About Me

​私が運営しております。

 

Read More

 

  • White Facebook Icon

© 2018 thailand77  リンク・無断使用可です。特にご連絡していただく必要はありません。