น่าน,ナーン,歴史,文化,伝統,観光,地図,祭り,行き方,北部,ワラナコン,ประเพณี,วัฒนธรรม,ประวัติศาสตร์ ,เทศกาล,แผนที่,map,マップ,寺院バスターミナル,自然,タイ,ワット・プーミン,ミャンマー,プア,ボートレース,黒い象牙,พระนางจามเทวี,博物館,งาช้างดำ,囁き,ラーンナー,ミャンマー,プワ,ドーイプーカー,塩,ラオス,ラーンサーン,西双版纳,フアイゴーン,วัดพระธาตุแช่แห้ง,プラタートチェーヘーン,ジャーマテウィ,ハリプンチャイ

NAN

ナーン県

県内最高峰のプーカー山は1,980mのあるプーカー国立公園をはじめ、県の四方に連なる山々は長い間人を寄せ付けず多くの自然や文化、民族を守ってきた。

13世紀頃にプワ郡に建国されたワラナコーンがナーン県の始まりといわれ、その後ラーンナーやビルマなどの隣国に次々と支配を受ける歴史をたどる。

様々な山岳少数民族が居住する地域でもあり、ナーンとプレーに僅か300人ほどしか残っていない絶滅寸前の狩猟民族ムラブリ族は先住民族のひとつと言われ原始的な信仰や文化、言語を持ち、近年研究・保護の対象になりつつある。

県の北東部には山の中にも関わらず、3億年ほど前に海だったとされることから塩が産出される場所があり、昔から北部のは貴重な天然資源となっている。

​写真/国立博物館

ACCESS

バンコクからの距離

約660㎞。

飛行機

ナーン空港は市内中心部から約3.5㎞北に位置する。

ドンムアン空港から約1時間15分。

空港~バスターミナル間は赤いソンテウが往復しているが本数は少ない様子。

バスターミナル

市内西側にあり、タクシーやソンテウ、バイタクなどが待機している。

ターミナルの建物の端に空港行きの赤いソンテウが待機している。

旧市街は徒歩圏内。

市内の交通

市内ではあまりバイタクやサムローなどは見かけないので市場やバスターミナルに行くのが無難。

旧市街では自転車を貸しているホテルもあるので上手に使いたい。

​ワット・プーミン向かいの観光案内所から1日3便ほど観光トラムが運行している。

参考

プレー~ナーン/約116㎞/約2時間/ロットゥ/30分おきくらいに運行している様子

ウタラディット~ナーン/約193㎞/約4時間/バス

ナーン空港~ナーン市内/約5㎞

TRANSPORTATION TIPS

バスターミナル
バスターミナル
バスターミナル
バスターミナル
ナーン~ウタラディット~ピッサヌローク路線時間表
バスターミナル
バスターミナル
バスターミナル
パヤオ~ナーン間バス
バスターミナル
ピッサヌローク~ウタラディット~ナーン~トンチャーン間バス
バスターミナル
ターミナル横に待機している赤ソンテウは空港にも行く。
Show More

NAN CITY MAP

Accommodation

DESTINATIONS

ナーン国立博物館

พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติน่าน

現在国立博物館として公開されている、広い庭園に建つ西洋風なデザインの建物は、西暦1903年に63代目ナーン領主の屋敷として建てられた。後に県庁としての役目を果たした後、西暦1987年博物館として公開された。

ナーンの王族に代々受け継がれてきた黒い象牙は一番目立つ場所に展示してある。

​場所/旧市街中央

ロングテールボートの門

​ナーンの伝統行事ロングテールボートレースのボートを門の上にデザインした旧市街に架かる門。

ボートの上にはナーン王族の秘宝黒い象牙を掲げたガルーダが行き交う人々を見守っている。

​かつては城壁の一部でプラトゥーチャイという門があり、王族が水上交通を利用する際に出入りした門だったと言われている。

場所/旧市街東側

城壁

กำแพงเมืองเก่า

最初に作られたのは西暦1426年頃といわれ、後の時代に建て直しなどを行っている。

​旧市街を広範囲に守る城壁は、現在では北西にある修復された部分のみハッキリした姿を見ることが出来る。

場所/ナーンテクニカルカレッジ北側

ラーチャパッサドゥ市場

กาดศรีคำ (ตลาดราชพัสดุ)

この市場周辺はいくつかの市場が集まっており市内でも人々が多く集まる場所。

バイタクやソンテウなど待機場所もあり、交通手段確保にも使える。

場所/旧市街北東

ナーン川

แม่น้ำน่าน

県の名前を冠したナーン川は県の北部、ボーグルア郡のラオスにほど近い山脈から始まり、ナコンサワンでチャオプラヤー川に注ぐ全長740㎞のタイを代表する河川のひとつ。

毎年9月末頃には伝統のロングテールボートレースが開催され、パヤーナークをモチーフに制作されたそれぞれのチームの細長いボートが熱戦を繰り広げる。

場所/サパーン・ブンシールワン

洪水水位標識

ナーンは、ナーン川と共に長い歴史を歩んできた。

川の周辺に集落をつくり、水のもたらす恩恵を大いに受け発展してきた。

しかしそれは水害との歴史でもある。

近年になっても旧市街が広く浸水するほどの洪水にみまわれており、市内には過去の浸水の水位を示す柱が建てられている。

場所/ワット・プーミン南側

ナイトマーケット

ถนนคนเดินกลางคืน

ワット・プーミンと観光案内所の間を通るPhaKong通りで毎週金・土・日曜日に開かれるナイトマーケット。

夕方になると道路は通行止めになり屋台がズラリと並ぶ。

また、ワット・プーミンの北側にある広場が開放されており、屋台で買った食べ物をゆっくり座って食べることが出来る。

場所/旧市街中心

ホーンジャオフォーンカム

The Noble House โฮงเจ้าฟองคำ

TEMPLES

ワット・プーミン

วัดภูมินทร์

西暦1596年頃建立。

ナーンの代名詞とも言える男女が囁きあう壁画が描かれている寺院。

この男女はプーマーン・ヤーマーンปู่ม่านย่าม่านと呼ばれ、ミャンマー人の男女を意味しており、西暦1867年から7年かけて行われた寺院の修復の際にタイルー族の画家により描かれたもの。壁画は寺院の全面に描かれており、本生経からナーンの人々の生活、歴史まで様々。

場所/旧市街中心部

ラックムアン

​ワット・ミンムアン

ศาลหลักเมืองน่าน

วัดมิ่งเมือง

西暦1857年建立。

ラックムアンとワット・ミンムアンは同じ敷地内に隣り合って建っており、統一された真っ白な建物はチェンラーイ県のワット・ロンクンのモデルになった。真っ白な外壁とは逆に、本堂の内側は色鮮やかに全面に壁画が描かれている。廃寺から発見された大きな木の柱が現在のラックムアンの元になっており、西暦1857年に廃寺後にワット・ミンムアンを建立。現在の本堂は1986年に建て直されたもの。

場所/旧市街中心部

ワット・プラタートチャーンカム

วัดพระธาตุช้างค้ำวรวิหาร

西暦1406年頃建立。

礼拝堂の裏手にある大きな仏塔は正方形の基壇部分を24頭の象が支えるスコータイで良くみられる様式。

正面の礼拝堂は高さがあり、内部で太いに支えられている。

場所/旧市街中心部

ワット・シーパントン

วัดศรีพันต้น

西暦1415年頃建立。

背の高い黄金の礼拝堂の入り口を7つの頭のナーガが護る迫力のある寺院。

礼拝堂の彫刻から内部の壁画まで、全てナーンの職人により制作されている。

バスターミナルから旧市街に入る入り口に位置しており、多くの観光客が最初に目するナーン市内の寺院。

場所/バスターミナル北側

ワット・フアクワン

วัดหัวข่วง

14~17世紀頃建立と言われる。

本堂の正面を飾る破風には、珍しく西洋のボタニカルデザインが取り入れられている。

​本堂裏手にある経堂も装飾に色ガラスが取り入れられており、他の寺院とは違った雰囲気が感じられる。

場所/国立博物館北側

ワット・パヤーワット

วัดพญาวัด

西暦995年頃建立。

本堂には雨を降らせる力があるというプラジャオ・フォンセーンハーพระเจ้าฝนแสนห่า仏が安置されており、昔から雨が例年通り降らない時にはこの仏像に祈りを捧げるのだという。また、礼拝堂には内部がピンク色にライトアップされたドーム状の仏龕も珍しい。境内にはランプーンのワット・ジャーマテウィの仏塔にそっくりな四角い仏塔とジャーマテウィ女王の祠などハリプンチャイ王国の名残を感じさせるものも建っている。

場所/バスターミナル南側

ワット・パヤープー

วัดพญาภูพระอารามหลวง

第三級王室寺院

พระอารามหลวงชั้นตรี

西暦1413年頃建立。

建立以来、歴代の王に保護されてきた重要寺院。

寺院入り口の門の厚さにも驚くが、本堂入り口の扉には奇妙で恐ろしい、不思議な鬼の彫刻が施されており、出入りする人々を監視しているようだ。

場所/ワット・プーミン東側

ワット・シーブンルアン

วัดศรีบุญเรือง

西暦1560年以前に建立と言われる。

境内で最も目を引く仏塔が安置されたラーンナー様式の木造建築の建物はその美しさだけでなく、床下部分には伝説の生き物の住処になっており不思議な世界が広がっている。

境内に飾られている絵や彫刻にはナーンの人々の生活を描いたものが多くみられ、ナーン川と共に歩んできた歴史を感じられる。

場所/市内南側

ワット・フアウィアンターイ

วัดหัวเวียงใต้

1735年建立

ミャンマー人の商人により建てられた寺院。

かつてこの寺院周辺は河岸の集中する賑やかな港町だったと言われている。

寺院を取り囲む壁は160年以上前に作られたとされ、壁の上には門番のナークの長い胴体が横たわっている。

場所/市内北側

ワット・スワンターン

วัดสวนตาล

西暦1412年頃建立。

北側の城壁外側に建つ寺院。

大きなプラジャオソンティップ仏は西暦1450年にラーンナー王朝9代目ティローカラートพระเจ้าติโลกราช王がナーンの攻略に成功したことを記念して作らせた仏像。

賑やかなナーン市内はここまでで、寺院から北側は建物も少なく静か。

場所/市内北側

ワット・プラタートカオノーイ

วัดพระธาตุเขาน้อย

FESTIVAL

ロングテールボート大会

日程/9~11月頃

場所/ナーン市内

วันขึ้น 15 ค่ำ เดือน 10

ณ บริเวณเชิงสะพานพัฒนาภาคเหนือ อ.เมือง จ.น่าน

プラタートチェーヘン祭り​

日程/2~3月頃

場所/プーピアン郡

ณ วัดพระธาตุแช่แห้ง พระอารามหลวง ตำบลม่วงตึ๊ด อำเภอภูเพียง จังหวัดน่าน

カブトムシ祭り

日程/9月頃
場所/プワ郡
ณ สนามหน้าที่ว่าการอำเภอปัว จังหวัดน่าน

Please reload

About Me

​私が運営しております。

 

Read More

 

© 2018 thailand77  リンク・無断使用可です。特にご連絡していただく必要はありません。