ลำปาง,ランパーン,歴史,文化,観光,地図,祭り,行き方,伝統,チーク材,ハリプンチャイ,北部,ラーンナー,陶器,ประเพณี, วัฒนธรรม, ประวัติศาสตร์ , เทศกาล, 象保護センター,世界遺産,ジャーマテウィ,ハリプンチャイ,ワット・プラプッタバート,ワット・プラケーオドーンタオ,ワット・プラタートラムパーンルアン,วัดพระธาตุลำปางหลวง,วัดพระแก้วดอนเต้าสุชาดาราม,鶏,鉄道,絶景,กาดกองต้า,ガートゴーンター,市場,ミャンマー,博物館,

LAMPANG

ランパーン県

ランパーンの歴史は7世紀にランプーン県に建国されたハリプンチャイ王国の副都として町が作られたことに始まる。ハリプンチャイ王国がマンラーイ王により滅ぼされるとラーンナー王国の支配下に入り、さらにラーンナー王国を支配下に置いたミャンマーの覇権下に入る。

近代史では北部からバンコクまで木材を運ぶ重要な中継地と位置付けられていたことからイギリスやミャンマーから沢山の商人や職人がやってくるなど昔から様々な人種や文化が混ざり合い、独特の伝統や町並みを残している。

現在、ランパーンはタイで唯一馬車が町を走る県として知られ、市内中心部では観光客を乗せた馬車の蹄の音が毎日響き渡っている。

写真/ワット・プラタート・ランパーンルアン前の馬車

ACCESS

ลำปาง, ランパーン,歴史,文化,観光,地図,祭り,行き方,伝統,チーク材,ハリプンチャイ,北部,ラーンナー,陶器,ประเพณี, วัฒนธรรม, ประวัติศาสตร์ , เทศกาล, 象保護センター,世界遺産,ジャーマテウィ,ハリプンチャイ,ワット・プラプッタバート,ワット・プラケーオドーンタオ,ワット・プラタートラムパーンルアン,วัดพระธาตุลำปางหลวง,วัดพระแก้วดอนเต้าสุชาดาราม,鶏,鉄道,絶景,กาดกองต้า,ガートゴーンター,市場,ミャンマー,博物館,

バンコクからの距離

約580㎞。

 

飛行機

ドンムアン空港から約1時間20分。

ランパーン空港は市内中心部南側約2㎞に位置する。

中心部までは定期路線のソンテウ(グリーン×イエロー)が空港ーセントラルプラザーバスターミナルを走っているらしいが未確認。

飛行機の到着に合わせてバイタクやトゥクトゥクが客を拾いに来るようだ。

鉄道

バンコクから約11時間。

市内循環ソンテウ(グリーン×イエロー)が駅前に停車する。

駅~市内/約2.4㎞

駅~バスターミナル/約1.5㎞

市内の交通

バスターミナル

市内中心部から約2㎞南に位置する。

市内とバスターミナル間は市内循環ソンテウ(グリーン×イエロー)が頻繁に往来していて運賃は20バーツ。バスターミナルの北端のレーンが乗り場。

ソンテウ

市内を走るソンテウ路線の詳細(2014年情報

市内巡回ソンテウ(グリーン×イエロー)が常に市内を走っているが、一方通行が多いので自分が行きたい場所に近い方向に走る道路から乗らないと遠回りになる。市内なら大体20バーツ。

馬車

馬車は専用乗り場があり、そこで乗り降りしなければならない。

市内の馬車の停車場には緑の馬車印の看板が設置されているがあまりそこに待機していることはないので市内東側の郡庁前のメインの乗り場に行ったほうがすぐに乗れる。

基本的にルートが決まっており、市内を大きく回るかどうか。

小回りりは郡庁と時計塔の範囲で市内を回るルートで20分150バーツ。

大回りは郡庁とケラーンナコーン公園の範囲で市内を回るルートで40分で200バーツ。

チャーターする場合は1時間300バーツ。

TRANSPORTATION TIPS

バスターミナル
バスターミナル

奥のグリーンのバスはチェンマイーランプーンーランパーン間のバス。象保護センターへもこのバスに乗る。 手間の黄色と緑のソンテウは市内とボーコーソーを結んでいる。 ソンテウは市内一律B20。 市内は一方通行が多いので、行きたい方面に走る道で待つ。

バスターミナル
バスターミナル

市内中心部から大体2.5㎞ほど南西にある。 ちなみに空港も中心部から2㎞ほど。

バスターミナル
バスターミナル
バスターミナル
バスターミナル

市内巡回ソンテウ

バスターミナル
バスターミナル

インフォメーション

バスターミナル
バスターミナル
バスターミナル
バスターミナル
バスターミナル
バスターミナル
バスターミナル
バスターミナル

ナコンチャイツアーのデーンチャイ、ウタラディット方面。他、スパンブリー、ガーンチャナブリー等

LAMPANG CITY MAP

ลำปาง, ランパーン,歴史,文化,観光,地図,祭り,行き方,伝統,チーク材,ハリプンチャイ,北部,ラーンナー,陶器,ประเพณี, วัฒนธรรม, ประวัติศาสตร์ , เทศกาล, 象保護センター,世界遺産,ジャーマテウィ,ハリプンチャイ,ワット・プラプッタバート,ワット・プラケーオドーンタオ,ワット・プラタートラムパーンルアン,วัดพระธาตุลำปางหลวง,วัดพระแก้วดอนเต้าสุชาดาราม,鶏,鉄道,絶景,กาดกองต้า,ガートゴーンター,市場,ミャンマー,博物館,

LAMPANG CITY MAP 2

ลำปาง, ランパーン,歴史,文化,観光,地図,祭り,行き方,伝統,チーク材,ハリプンチャイ,北部,ラーンナー,陶器,ประเพณี, วัฒนธรรม, ประวัติศาสตร์ , เทศกาล, 象保護センター,世界遺産,ジャーマテウィ,ハリプンチャイ,ワット・プラプッタバート,ワット・プラケーオドーンタオ,ワット・プラタートラムパーンルアン,วัดพระธาตุลำปางหลวง,วัดพระแก้วดอนเต้าสุชาดาราม,鶏,鉄道,絶景,กาดกองต้า,ガートゴーンター,市場,ミャンマー,博物館,

Accommodation

DESTINATIONS

ガートゴーンター通り

ถนนคนเดิน กาดกองต้า

ワン川に沿った古い民家が立ち並ぶ通り。

昔は中国人集落であったため、中国市場という別名もあった。

現在は土日のみナイトマーケットが開かれ、昼間は閉じていた古い古民家もお洒落なレストランや雑貨店などに変わり、沢山の人でにぎわう。

​タナバディセラミック博物館

พิพิธภัณฑ์เซรามิคธนบดี

comingsoon

陶器

เซรามิก

ランパーンは良質な陶土が豊富に産出される場所で、県内には沢山の陶器工場が集まっている。

タイでよく目にする赤と黒の顔料で描かれた鶏柄の丼ぶりもここランパーンで作られている。

​毎年12月にはセラミックフェアが開催され、大小様々な陶器製品が一堂に集結する。

バーンサオナック

บ้านเสานัก

1895年に建てられたビルマとラーンナー様式が融合したデザインの総チーク材の建物。

 タイ王国建築家協会(สมาคมสถาปนิกสยามในพระบรมราชูปถัมภ์)から重要保存

建築物として賞を受賞しており、建築を学ぶ学生などが訪れる学習の場としても利用されている。

かつては県の迎賓館として利用されていたが、現在は博物館として一般公開されている。

​ランパーンアートセンター

หอศิลป์ลำปาง

comingsoon

バーンボリブーン

หอศิลปะการแสดงนครลำปาง บ้านบริบูรณ์

木材貿易のためにランパーンに住んでいたミャンマー人商人が1920年頃に建てたミャンマー風家屋。

現在は若手アーティストの活躍の場として建物を提供している。

タイ銀行博物館

พิพิธภัณฑ์ธนาคารไทย

チーク材で町が大きく繁栄していた頃の1930年、現在のサイアムコマーシャル銀行のランパーン支店として建設された2階建ての建物。

1997年にタイ王国建築家協会(สมาคมสถาปนิกสยามในพระบรมราชูปถัมภ์)から重要保存建築物として賞を受賞している。

​内部見学には事前予約が必要。

​プームラゴーン博物館

พิพิธภัณฑ์หอปูมละกอน

旧市庁舎を改装し、2011年にオープンしたランパーン市内中心部にある博物館。

北部のアーティストの作品エリアとランパーンの歴史に関する展示の2つのエリアで構成されている。

鶏ロータリー

วงเวียนไก่

ランパーンと言えばニワトリ。

町の至る所にニワトリのオブジェや絵を見ることが出来る。

その昔、お釈迦様がこの地を訪れることになり、町の人々は当日ちゃんと起きられるか心配になったとさ。

そんな時インドラ神がニワトリに姿を変え町の人々を起こし、無事にお釈迦様をお迎えすることが出来たそうな。。。

という伝説から、ランパーンには多くのニワトリモチーフが出来る様になった。

場所/ケラーンナコーン公園北側

ワン川

แม่น้ำวัง

ランパーン市内を東西に流れるワン川は、かつてチーク材の一大産地であったこの地で重要な木材の輸送ルートであった。

川岸には中国人が市場を開き、町はワン川を中心に栄えていった。

現在市内を流れるワン川は静かで、かつての賑わいを想像出来ないほどのんびりとした雰囲気。

象保護センター

ศูนย์อนุรักษ์ช้างไทย

象と触れ合えることはもちろん、この施設の特徴は1994年に設立した世界初の象専門病院があるということ。

普段私たちは健康な象しか見ることはないが、人間と同じように様々な病気、怪我を負っている象が存在していることを実際に見て感じられる貴重な施設。

​チェンマイやランパーンからバス1本で来ることが出来る。

馬車

รถม้า

1915年ラーマ5世の時代に13代目ランパーン領主により馬車が取り入れられたことがはじまり。

当時は200台近い馬車が重要な移動手段として町を走っていたが、現在は旅行者を楽しませるアトラクションのひとつとして新たな役目を果たしている。

現在町の中を馬車が走っているのはタイで唯一ランパーンだけ。

アサウィン市場

ตลาดอัศวิน

市内西側、ケラーンナコーン公園近くにある市場が集まるエリア。

​夜まで賑やか。

TEMPLES

ลำปาง, ランパーン,歴史,文化,観光,地図,祭り,行き方,伝統,チーク材,ハリプンチャイ,北部,ラーンナー,陶器,ประเพณี, วัฒนธรรม, ประวัติศาสตร์ , เทศกาล, 象保護センター,世界遺産,ジャーマテウィ,ハリプンチャイ,ワット・プラプッタバート,ワット・プラケーオドーンタオ,ワット・プラタートラムパーンルアン,วัดพระธาตุลำปางหลวง,วัดพระแก้วดอนเต้าสุชาดาราม,鶏,鉄道,絶景,กาดกองต้า,ガートゴーンター,市場,ミャンマー,博物館,

ワット・チェンラーイ

วัดเชียงราย

ランパーンにある寺院の名前がチェンラーイ。

なんとも混乱させるネーミングだが、チェンライ県のチェンセーンから移り住んできた人の子孫がこの寺を建立したためこの名前となった。

寺院全体が真っ白なのはワット・ロンクン以外はここしかないだろう。

夜間は様々な色でライトアップされ、暗闇に浮かび上がる寺院の姿は美しい。

場所/時計塔北側

ワット・プラタートランパーンルワン

วัดพระธาตุลำปางหลวง

西暦1476年建立。

ランパーン中心部から約17㎞南西。タイで最も美しい寺院のひとつで、礼拝堂はタイに現存する木造建築で最も古いものと言われている。

他に類をみない寺を取り囲む高い塀は、ランナータイの時代に外からの侵入を防ぐ要塞として機能していた時代の名残。市内から離れ交通が不便な場所にも関わらずいつも参拝客で溢れている。境内にある博物館にはエメラルド仏が安置されている。

ลำปาง, ランパーン,歴史,文化,観光,地図,祭り,行き方,伝統,チーク材,ハリプンチャイ,北部,ラーンナー,陶器,ประเพณี, วัฒนธรรม, ประวัติศาสตร์ , เทศกาล, 象保護センター,世界遺産,ジャーマテウィ,ハリプンチャイ,ワット・プラプッタバート,ワット・プラケーオドーンタオ,ワット・プラタートラムパーンルアン,วัดพระธาตุลำปางหลวง,วัดพระแก้วดอนเต้าสุชาดาราม,鶏,鉄道,絶景,กาดกองต้า,ガートゴーンター,市場,ミャンマー,博物館,

ワット・プラゲーオドーンタオ

วัดพระแก้วดอนเต้าสุชาดาราม

พระอารามหลวงชั้นตรี

​第三級王室寺院。

ランナータイ王国時代、チェンセーンからチェンマイのワット・プラゲーオにエメラルド仏を移す道中、仏像を運搬していた象が急にランパーン方面に走り出しチェンマイに向かおうとしなかったため、時の王サームファンゲーンはチェンマイに移すまでの32年間この寺院にエメラルド仏を安置していた。

場所/市内北西部

ワット・プラジェディサーオラン

วัดพระเจดีย์ซาวหลังพระอารามหลวง

第3級王室寺院

พระอารามหลวงชั้นตรี

1000年以上前に建立したと言われる歴史の長い寺院。

”サーオ”は”20”、”ラン”は”基”で、寺院にある20基の仏塔が寺院名の由来になっている。

20基のミャンマー風の仏塔内には仏陀の毛髪が納められていると言われている。1983年に発掘された純金の仏像は、金の仏像としては初めて国の考古学遺物に認定された。寺院敷地内には博物館も併設してある。

ลำปาง, ランパーン,歴史,文化,観光,地図,祭り,行き方,伝統,チーク材,ハリプンチャイ,北部,ラーンナー,陶器,ประเพณี, วัฒนธรรม, ประวัติศาสตร์ , เทศกาล, 象保護センター,世界遺産,ジャーマテウィ,ハリプンチャイ,ワット・プラプッタバート,ワット・プラケーオドーンタオ,ワット・プラタートラムパーンルアン,วัดพระธาตุลำปางหลวง,วัดพระแก้วดอนเต้าสุชาดาราม,鶏,鉄道,絶景,กาดกองต้า,ガートゴーンター,市場,ミャンマー,博物館,

ワット・ゴワールガーラーム

วัดเกาะวาลุการาม

1885年年頃、ワン川沿いに町を形成していた中国人により廃寺を現在の寺院として建て直したのが始まりと言われている。

​かつてはワン川の中州に建つ寺院だったため、寺院名に”ゴ”が付いている。現在は川の流れの変化で陸つづきとなった。

​木造の古い本堂やミャンマー様式の仏塔など特徴的な建物がある。

ワット・チェータワン

วัดเชตวัน

本堂がミャンマーとインド様式が融合した珍しい寺院。

ワット・チャルームプラギアット

วัดเฉลิมพระเกียรติ

​ランパーン市内から北に約64㎞にある寺院。

​かつては岩山の上にある仏足石を礼拝する地元民にとっての神聖な場所であったが、2004年にラーマ4世生誕200周年を記念して寺院が建立された。

山の麓にある寺院の駐車場には仏塔に登る場所まで行けるソンテウが待機している。切り立つ岩山に建つ仏塔までは更に300段の階段を登らなくてはならない。

ワット・ポンサヌックヌア

วัดปงสนุกเหนือ

西暦690年頃建立。

​ハリプンチャイのジャーマテウィ女王の王子であるアナンタヨットがケラーンナコーン(ランパーン)を建国した際に建てられたと言われている。

2008年のユネスコ文化遺産保全のためのアジア太平洋遺産賞の功績賞を受賞している。

過去の戦いでチェンマイに敗北したチェンセーンの人々がランパーンに強制移住させられたことがあり、チェンセーンにあるワット・ポンサヌックと同じ名前で呼ばれるようになった。

 ศูนย์อนุรักษ์ช้างไทย 

Elephant

Conservation Center

FESTIVAL

ルアンウィアンラコーン祭り

日程/不明

場所/ワット・プラタートランパーンルアン

タイランド・カウボーイ・エクストリーム

日程/7月頃

場所/ハーンチャット郡 サンロムジョーイファーム

ฟาร์มสันลมจอย อ.ห้างฉัตร จ.ลำปาง

ラッサダーピセーク橋歴史祭り

日程/3月

場所/ランパーン市内 ラッサダーピセーク橋周辺

บริเวณสะพานรัษฎาภิเศกและพื้นที่โดยรอบ

ローイクラトン祭り

日程/ローイクラトン(11月)

場所/ランパーン市内

บริเวณข่วงนคร และท่าน้ำบ้านสิงห์ชัย

列車と馬車祭り

日程/4月上旬

場所/ランパーン駅周辺

 สถานีรถไฟนคร

サルンルアン祭り

日程/4月中旬

場所/ランパーン市内

象のカントーク祭り

日程/3月

場所/象保護センター

ศูนย์อนุรักษ์ช้างไทย อ.ห้างฉัตร จ.ลำปาง

Please reload