​スリンの象

ช้างสุรินทร์

象村があるスリン県北部のタートゥムท่าตูม郡、チュムポンブリーชุมพลบุรี郡、そしてチュムポンブリーと隣接するブリラム県のサトゥックสตึก郡には象を飼育するグーイ族のコミュニティがあつまっており、軒先にいる象や田んぼに放牧されている象、朝夕のお散歩や水浴び風景などを日常で目にすることができる。

毎年11月に開催される象祭りにはこの周辺に点在している象たちが参加している。

沢山の個性的な象がいるので、是非少しでも名前を覚えて象に会いに行く楽しみを更に増やしたい。

それぞれの写真を見ると気が付くと思うが、象の名前の前に「パラーイพลาย」「シードーสีดอ」「パンพัง」という名称がついている。

これは人間で言うところのミスター・ミスのようなもの。

パラーイพลาย/太い牙のあるオス象

シードーสีดอ/牙がほとんど見えないほど細いオス象

パンพัง/メス象

上記の様な確実な区別がある。

写真は上にオス象一覧、下にメス象一覧に分けてあります。

​徐々に増やしていくのでお楽しみに。

พลาย・สีดอ

オス象

พัง

メス象