Shopping in Bangkok

ビッグシー

Big C

「ザ・土産」というものではなく、タイ人が日常的に使っている物など生活に密着した商品が欲しいときはビッグシーに限る。食料品、衣料品、玩具、電化製品、本など店舗の大きさにもよるが種類が豊富でタイ価格。

​デパートに行く前にチェックしたい。

​セブンイレブン

เซเวนอีเลฟเวน

今やド田舎に行ってもあるくらいタイ全土に根付いているセブンイレブン。

日本と同様淹れたてのドリップコーヒーを提供している店舗も増えている。

品揃えも豊富でお土産探しにももってこい。美容関係では使い切りの小さいパウチ状で売られているものも多いので、お土産用や数日の滞在に丁度いいサイズで便利。

タバコはレジカウンターで見えないように売られているので銘柄を言って購入する。

ワンラン市場

ตลาดวังหลัง

チャオプラヤー川西岸、プラーンノック船着き場ท่าเรือพรานนก周辺に広がる市場。

北側はシリラート病院。

かわいい雑貨やお洒落なものなど路地に広がるローカル市場のわりに若い世代向けの商品も多く、お土産探しに丁度いい。路地は狭く時間帯によっては人が路地にぎっしりで歩くのも一苦労なほど。

ワット・ラカンから徒歩圏内。​

​外国人観光客向けのメジャーマーケットに飽きたら訪れたい場所。

サンペン

สำเพ็ง

ヤワラートの南側から王宮エリアの中間あたりに広がる問屋街で西側には生地屋の集まるパフラット市場がある。

バンコクの経済の原点とも言える場所で元々はチャオプヤラー川沿いで華僑が集まり繁栄していたエリアが王室施設の建設などで現在の場所に移転しサンペーン市場として根付いた。

​とにかく様々な物が売られていて路地も入り組んでいるため、何度か足を運びどのあたりにどんな店があるか理解するまでは疲れるかも。

ヤワラート

เยาวราช

​MRTフアランポーン駅から南西に延びるヤワラート通りの中華街。

夕方からは屋台が並び、建物から飛び出した沢山の看板がいかにも中華街。

フカヒレや海鮮料理など美味しい物を求めて多くの観光客が集まってくる。

​中国の旧正月である2月には道に沢山の提灯が飾られ非常に賑わう。

ザ・オールドサヤームプラザ

ดิโอลด์สยามพลาซ่า

OTOP商品やタイシルク、伝統的な物など古き良きタイの商品を多く取り扱うショッピングモール。

​サンペン市場やパフラットで歩き疲れた時に寄るのにも丁度いい。

 

メガプラザ

เมก้า พลาซ่า สะพานเหล็ก

​日本のプラモデルなども多く扱う玩具専門ショッピングモール。

 

クローンバーンルワン市場

คลองบางหลวง (คลองบางกอกใหญ่)

バーンルワン運河に面した古民家を生かしたレトロな市場。

アジアティーク・ザ・リバーフロント

เอเชียทีค เดอะ ริเวอร์ฟรอนท์

2012年オープンのチャオプラヤー川に面した商業施設。

​ショッピングのほか、ムエタイや浄瑠璃劇場などのエンターテイメントも楽しめる。

​昼は殆どの店が閉まってはいるが入れるので散歩を楽しめる。

アイコンサヤーム

ไอคอนสยาม

チャオプラヤー川沿い西岸クローンサーン地区に出来た新しい巨大複合施設。

日本の高島屋が入っていることで知られている。BTSサパーンタクシン駅直結のサートーン船着き場から無料のボートが運行しており、ちょっとしたボートトリップも楽しめる。

チャトチャック市場(平日昼間)

ตลาดนัดจตุจักร

ウィークエンドマーケットとして有名なチャトチャックだが、実は平日も市場が開かれている。

平日は植物や植木市場になっており、観葉植物から街路樹レベルの大きい樹木までが道路を埋め尽くしている。

週末に開く市場内の店も少ないものの何店舗かは営業している。主にインテリア雑貨や食器などを扱う店。​

​平日は市場の入場口が大きい門の場所に限られる。

チャトチャック市場(夜間)

ตลาดนัดจตุจักร

夕方になると場内の店は徐々に閉まるが、今度はメイン通り沿いの閉まった店のシャッター前に別の店がオープンする。昼と比較するとガラクタ市や激安商品ばかりが集まってきている感じ。

夜でもかなり人は多く、欧米人が集まるバーでは大音量でクラブミュージックを流し、昼の姿とはまた違った様子がうかがえる。

​実際、土日のウィークエンドマーケットだが、金曜の夕方から多くの店がオープンしている。金~日の夜間は夜18時くらいから大きい門以外の出入り口は閉鎖される。日曜は撤収もあるので閉まるのが早い。

ミックスチャトチャック

มิกซ์ จตุจักร

チャトチャック市場の北側に出来た新しいショッピングモール。

JJモールが老舗ならミックスがその新店という感じ。

フードコートからはチャトチャック市場全体が見渡せるので、いつも市場で迷子になる人は一度上から見てみるのもありかも。

​テナントはまだ空きがある様子。

 

JJモール

JJ Mall

チャトチャック市場北西にあるショッピングモール。

チャトチャック市場の屋内バージョンといった感じで、市場で売っている同じ商品も取り扱いがある。

​平日も営業しているので、土日チャトチャックに行けない時はここをチェックすれば掘り出し物があるかも。1階ではOTOPフェアの様なイベントがよく開催されている。

 

セントラルワールド

เซ็นทรัลเวิลด์

​伊勢丹も入る大型ショッピングモール。

 

サイアムパラゴン

สยามพารากอน

言わずとも知れたバンコクの中心地サイアム駅に隣接する大型ショッピングモール。インポートブランドやその他高級ブランド、アミューズメント施設、レストラン、クリニック、銀行などあらゆる店が集結している。

慣れないと大概広すぎてどこを歩いているのかわからなくなってグッタリ疲れる場所でもある。

MBK/マーブンクローン

เอ็ม บี เค เซ็นเตอร์

言わずとも知れたバンコク中心部にある1985年開業の老舗ショッピングモール。

​2017年に大規模リニューアルを終えて外装はすっかり変わってしまったが、中身はあまり変わらず相変わらずごちゃごちゃしている。百貨店だと高いし、外の市場暑いし、、、安いタイっぽい物を何か買いたいという時の救世主。しかし近年より販売員も客もインド人が殆どで、インド人のためのインド人のお店感が強くなっている。最寄りはナショナルスタジアム駅だが、サイアム駅からも歩いて行ける。

クローントゥーイ市場

ตลาดคลองเตย

バンコクの中心部にあってもローカルな巨大生鮮市場。

​業務用で売られている精肉なんかはなかなか日本では見られない光景。沢山の生き物の命と引き換えに人間が生かされているのだと感じる。

​一日中開いているが、朝と夕方は一段と市場が賑わう時間帯なので是非その様子を見たい。